天国と地獄で師匠の表札の名前の謎は?ほくろや似顔絵についても考察!

天国と地獄で師匠の表札の名前の謎は?ほくろや似顔絵についても考察!

大人気ドラマ「天国と地獄」は、考察でも盛り上がっていますよね^^

伏線がたくさんあって回収されずにストーリーが進む一方なのでより気になる!!

 

なかでも気になる師匠の表札の名前の謎やほくろの有無…

そして似顔絵って本当にあれだけの為のものだったの?!という点。

 

そこで「天国と地獄で師匠の表札の名前の謎は?ほくろや似顔絵についても考察!」と題して考察していきたいと思います!

師匠の表札の謎から複数の考察ができるので、そちらもちょこっと調べましたよ♪

天国と地獄で師匠の表札の名前の謎は?

画像引用:Twitter

天国と地獄で師匠の家の表札の名前「三枝」は…

母親の旧姓である可能性が浮上!

 

画像引用:Twitter

陸の師匠は現在「湯浅」と名乗っており、陸が師匠の家に泊まりに来た際に表札の名前を見て「三枝…?」となっていました。

そして師匠は「自分の名前では家を借りることもできないから…」と話していました。

 

先週の天国と地獄で、陸の師匠の湯浅が「東朔也」なのでは…という所で次回へ。

そこから考えると陸の師匠である湯浅の本当の名前は「東朔也」なので、どこにも三枝」という名前は出てこないんですよね…?

 

可能性があるとしたら母親の旧姓が「三枝」で、母親の名義で借りているので家の表札の名前を「三枝」にしてある。

そして母親の存在から怪しくなってくるのが、望月彩子と入れ替わってしまう前の日高陽斗の魂のこと。

もうすでに一度魂が入れ替わっていた可能性があり、その魂は母親の魂だったのではないか…という説!

 

幼少期に一緒に連れて出てあげられなかったことや、貧しい生活から助けてあげられなかったこと等してあげられなかったことがたくさん。

そのために東朔也が殺人を犯す度に、母心?として証拠を隠滅していたのではないかという可能性が出てきます。

 

そしてもう一つの可能性として「近所の嫌われ者の老人のこと。

この老人の名前が三枝だった可能性というよりは、近所の嫌われ者の老人というのは東朔也を引き取った父親のことだったのでは?!という説。

 

東家は裕福な家庭で長男である朔也を母親に譲らず引き取りましたが、その後経済状況が悪化し家はあっという間に貧しくなってしまったという話でした。

日高父と再婚した母親が朔也を引き取りに伺った際にヒステリックにキレていて、「近所の嫌われ者の老人」という枠に入りそうですよね…。

そして日高陽斗は昔この老人の買い物を手伝ったりしていて「そんなに悪い人じゃないんだよ。あの人」と話していましたよね?

 

子供だった日高陽斗が老人の手伝いをするということは…

東家の父親と朔也の魂が入れ替わっていた可能性があるという説が浮上します!

東家の父親の中身が朔也だったから、子供の頃の日高陽斗は面倒を見ていたのではないか?!

そして朔也の中身が東家の父親だから、死亡確認をしながら「まだ生きていたんですか…」と呟いていたのではと推測ができます!

 

近所の嫌われ者の老人はある日いきなり亡くなられましたよね…

それも日高陽斗が風邪で寝込んでいた日に。

怪しすぎる展開ですし、朔也が自身の双子の兄だと知っていたなら、父親に恨みを持ってもおかしくはないですよね…。

天国と地獄の師匠のほくろや似顔絵について

先週の天国と地獄では、師匠が倒れ病院に運ばれて陸が師匠の右手の内側にほくろがあるかどうか確認しようとしたところで終了しました!

師匠の湯浅さんには、右手にほくろがあるのでしょうか?

師匠が東朔也だったとしたら、現在の望月彩子の中に入ってるのは単純に「日高陽斗」ということになるのでしょうか?

天国と地獄の師匠のほくろについて!

画像引用:Twitter

天国と地獄で落書き犯からの「手にほくろがある男だった」という証言…

陸の師匠である湯浅の右手の内側には大き目なほくろが存在した!

 

画像引用:Twitter

天国と地獄で陸が望月彩子の中身が日高だと知り、とりあえず望月彩子(日高)との同居を辞めて逃げるという計画に至った際に師匠が陸のことを自宅に泊めてあげていましたよね!

その時の映像にちょうど師匠の右手内側に大き目なほくろがばっちり映っていました。

 

先週の天国と地獄では、師匠が病院に運ばれ、病院の入り口前まで望月彩子(日高)も来ていました…

もうそのことから陸の師匠は湯浅と名乗っているが「東朔也」で間違いないのだろうとは思っていましたが、ほくろの存在から確定しましたね。

 

ただ落書き犯からの証言で「右手の内側にほくろがある」というのを日高陽斗(望月)たちが聞いた直後に、すでに陸の師匠である湯浅(東朔也)の右手には包帯が…?!

陸に包帯はどうしたのか問われた際には誤魔化していましたけど師匠怪しすぎますよね。

誰かが師匠にリークしている可能性が考えられる…

だとしたら八巻の存在が怪しくなってくるんですが、落書き犯が再び依頼人である師匠(東朔也)に接触している可能性も。

天国と地獄の師匠の似顔絵について!

画像引用:Twitter

天国と地獄に登場した似顔絵

  • 実は陸の師匠である湯浅(東朔也)だったんじゃないかという説!
  • 似顔絵の人物は居酒屋の大将だったんじゃないかという説!

 

画像引用:Twitter

似顔絵の人物が実は陸の師匠である湯浅だったのではという説だと、簡単に面長で顔立ちが似ているという点!

鼻の下のほくろについては除去することは簡単にできる医療技術があるので過去にあったけど、現在はすでに除去しているのでは…という推測。

 

画像引用:Twitter

そして似顔絵の人物が、実は居酒屋の大将だったという説については…

居酒屋の大将はこの店舗だけでなく、複数経営していて湯浅(東朔也)に情報をリークしていたという説!

 

先週のストーリーでは、陸の師匠である湯浅(東朔也)が行きつけの居酒屋があるとして、陸を連れて行っていました!

大衆的な居酒屋を出た後に師匠は体調を崩して救急車で運ばれることになりましたが、居酒屋のくだりでドラマのストーリー的に何故そんなに尺を使うのだろうか…?

という印象を受けました。

あの居酒屋に何かあるのでは…また八巻が少し怪しいという点から、居酒屋が情報交換の場とされているのでは…?!という考察も浮上!!

まとめ

「天国と地獄で師匠の表札の名前の謎は?ほくろや似顔絵についても考察!」ということで考察してきました結果!

 

  • 天国と地獄で師匠の表札の名前の謎は「母親の旧姓」の可能性が高い!
  • 天国と地獄で師匠のほくろが「右手の内側にある」ことが判明!
  • 師匠の右手にほくろがある事から、湯浅=東朔也である可能性が高い
  • 天国と地獄で登場した似顔絵は実は師匠のことを指していたのではないかという説や居酒屋の大将を指していて、居酒屋が情報交換の場になっているのではないかという考察が浮上!

 

天国と地獄の考察を始めると、色んなところにたくさんの可能性が繋がって来て複雑に…笑

今週の天国と地獄もどういう展開になるのか…楽しみですね♪