tofubeatsの結婚相手(嫁)は誰?名前の由来や本名は?音楽家の年収って?

tofubeatsの結婚相手(嫁)は誰?名前の由来や本名は?音楽家の年収って?

「tofubeats」というインパクトのある名前で、音楽界や音楽好きの中では有名なtofubeatsさん^^

今年結婚を発表されたことでtofubeatsさんの結婚相手(嫁)が誰なのか?っていうことに世間の注目が集まっていますね♪

 

そもそもtofubeatsさんの名前の由来や本名などプロフィールってどんななの?

そして、ふと「音楽プロデューサーの年収ってどれくらいなんだろう?」と気になっちゃって…

 

そこで「tofubeatsの結婚相手(嫁)は誰?名前の由来や本名は?音楽家の年収って?」と題しまして調査していきたいと思います^^

音楽プロデューサーの年収…意外な事実でした!

tofubeatsの結婚相手(嫁)は誰?

 

この投稿をInstagramで見る

 

tofubeats(@tofubeats)がシェアした投稿

tofubeatsさんといえば「ブックオフ」や「ハードオフ」等を巡って中古のCDやレコードを使用した独特な楽曲の作り方をする音楽プロデューサーとして、音楽好きの間では有名ですよね!

音楽にそんなに詳しくなくても「関ジャム」等の音楽番組や、ネット上でさまざまなアーティストや芸能人とのコラボ楽曲を発表しているので耳にした事があると言う人も多いのでは^^?

 

そしてtofubeatsさんは2020年5月末日に「結婚」を発表されています♪

そのtofubeatsさんの「結婚相手(嫁)が誰なのか?」というところに注目が集まっているようですね!

tofubeatsさんの結婚発表もラジオでさらっと流れるように報告されたもんだから、みんなが「えっ?今なんて?!」と話題になり、記事になり、ツィッターでもトレンドになっていたくらい^^

ご本人もビックリだったようですね。笑

 

そして色んな媒体からtofubeatsさんの結婚相手(嫁)についての質問がたくさん来たんだとか♪

「結婚相手(嫁)は一般人の方でよろしいですか?」等など。

 

その気になるtofubeatsさんの結婚相手(嫁)については…公にはしていませんでした!

 

tofubeatsさんとしては「芸能人でもないし、結婚相手(嫁)を知ってどうするんだろう?笑」と思いつつも「逆の立場だったら確かに知りたくなるかも。笑」とも思っていたそう。笑

ですがtofubeatsさんの口から結婚相手(嫁)の詳細について語られる事はありませんでした。

 

ただtofubeatsさんの結婚は5月末日に発表されましたが、実はこの発表より数カ月前に入籍はされていたそうです^^

結婚後に公の場に出るお仕事があれば、そのタイミングでちょこっとお話しさせていただこうと考えられていて、その結果ラジオでの発表になったとの事でした♪

 

tofubeatsさんの会社の方達も結婚の発表をしたあとの世間の反応が大きすぎて「トーフくんってそんなに人気で売れてたっけ?笑」とイジられたんだとか。笑

会社の方に「トーフくん」って呼ばれてるのとかキャラクターみたいで可愛いですよね^^

そういえばtofubeatsさんの名前の由来って何なんでしょう?彼の本名は?

tofubeats名前の由来や本名は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

tofubeats(@tofubeats)がシェアした投稿

2020年に結婚を発表されたtofubeatsさん、ちなみに結婚相手(嫁)の方とは長い間お付き合いされていた方ということでした^^

もしかしたら学生時代からお付き合いされていた方との結婚だったかもしれないですね♪

 

会社の方達から「トーフくん」とまるでキャラクターのように呼ばれているtofubeatsさんですが、この名前になった由来や本名などプロフィールってどうなっているんでしょうか?

ちょっとtofubeatsさんについて深堀していきたいと思います^^

【プロフィール】

名前:tofubeats(トウフビーツ)

本名:河合佑亮(カワイ ユウスケ)

生年月日:1990年11月26日(現在30歳)

出身地:兵庫県神戸市

出身大学:関西学院大学経済学部

 

tofubeatsさんの本名は河合佑亮さんというんですね^^

「tofubeats」という名前の由来は、実家が豆腐屋さんとかお豆腐が大好物だったとかなのかな?と思って調べてみると…

 

アカウント名として使用していた名前がそのままアーティスト名になった!

 

tofubeatsさんは中学生の頃からネット上で音楽活動をしていたそうなんですが、名前を「○○beats」にしたいという所は決まっていたけれど、「○○」の部分が決まっていなかった…

そこで語呂も良いし「tofubeats」という名前ならアカウント作成もできるってことだったので「tofubeats」になったとのこと。

 

本人は「当時はまさかこの思い付きで作成したアカウント名の【tofubeats】という名前で、音楽プロデューサーとして活動していくとは思っていなかった」と、ちょっと恥ずかしさがあるみたい^^笑

でも本名で活動されるよりも「tofubeats」の方がインパクトがあって、覚えてもらいやすそう♪

会社の方達からも「トーフくん」って呼ばれているっていうのも距離が近くなる感じがするので、結果良かったのでは?と思ってしまいます^^

 

そして若い頃から音楽活動をスタートさせて、今では会社に所属して若手ですが幾つもの名誉ある業績をつんでいることでも有名!

 

tofubeatsさんの他にも日本にも才能溢れる音楽プロデューサーってたくさんいますけど、その「音楽プロデューサー」の方々の年収ってどれくらいなんでしょうか?

あまり知られていない音楽プロデューサーさん達の年収が、どれくらいなのか調査してみたいと思います♪

音楽プロデューサーの年収っていくらなの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

tofubeats(@tofubeats)がシェアした投稿

tofubeatsさんをはじめとする有名音楽プロデューサーって、日本にもたくさんいらっしゃいます!

ただ歌手の方達に興味や注目が集まってしまうので、音楽プロデューサーの方達の詳細ってあんまり知られていないですよね?

 

一番気になるところは「音楽プロデューサーの方達の年収ってどれくらい」っていうところだと思います^^

音楽プロデューサーというだけあって良い楽曲を作って、売り上げを作らないといけないということもあるので成果報酬的な扱いになるのでしょうか?

 

一般的な音楽プロデューサーだと年収は200~500万円と言われているようです!

レコード会社などに所属している場合、ボーナスは年間で給料の2ヵ月分程度と考えられます。

年収が500万円だった場合、月収は約35万円、ボーナスは約70万円となります。

そこから所得税や住民税、社会保険料などを差し引くと、月々の手取りは28万円程度、ボーナスの手取りは55万円前後となるでしょう。

 

レコード会社に所属している音楽プロデューサーだと初任給20~22万円と言われているようで、一般的な企業に勤める際の大卒初任給とほとんど変わりがないんだとか!

ただ大手レコード会社だと「年俸制」を取り入れている会社もあって、その場合は大卒で400万円に届かないくらいとのことでした。

 

ですが!

新卒ですぐに「音楽プロデューサー」にはなれなくて、アシスタントや別の部署(営業など)で経験を積むところからスタートします。

「音楽プロデューサー」という特殊な仕事内容ですが、一般企業と同じような体系ですよね^^

 

ただこれは「一般的な」音楽プロデューサーのお話で、tofubeatsさんのように有名なアーティストを手掛ける音楽プロデューサーとなるとまた話が変わってきて…

 

有名な音楽プロデューサーの年収だと最低でも数千万円~と言われているようです!

 

そして音楽プロデューサー自身が作詞&作曲した曲が大ヒットした場合は、年収が1億円になることもザラにあるそうです!!

「つんく♂さん」や「秋元康さん」等のアイドルをプロデュースしている立場になると、年収は数十億円になるとのこと…

 

もうなんだか自分と程遠い「年収の数字」過ぎて、想像もつきません^^笑

ただ億単位の年収をゲットできている音楽プロデューサーは、ほんの一部ということでしょうかね♪

まとめ

「tofubeatsの結婚相手(嫁)は誰?名前の由来や本名は?音楽家の年収って?」について調査してきました結果!

 

  • tofubeatsさんの結婚相手(嫁)は公にされていません!
  • ただ、tofubeatsさんの結婚相手(嫁)は長い間付き合っていた方。
  • tofubeatsさんの本名は河合佑亮(カワイ ユウスケ)
  • 「tofubeats」の名前の由来は中学生の時に作ったサイトのアカウント名
  • 音楽プロデューサーの年収は一般的だと200~500万円
  • 有名音楽プロデューサーになると年収は最低でも数千万円!
  • つんく♂さんや秋元康さんのようにアイドルをプロデュースすると年収は数十億円に!

 

有名音楽プロデューサーになるとそのプレッシャーはかなりの物だと思いますが、年収には夢がありますね^^

ただ、その年収額に辿り着いているのは「才能のあるほんの一部の方」であるということも同時に分かった事実でしたね♪